旅行 Feed

2013年2月 2日 (土)

海外旅行でスマートフォンを使いたい。注意点とかある?

海外旅行にスマートフォンは欠かせない。不案内な国でも、スマホがあれば道に迷うこともないし、目的地もすぐに見つけられる。だが、海外でのスマホ利用には注意が必要。知識のないまま使っていると、数日の滞在で数十万円もの通信料金を請求されることがある。海外でスマホを使う方法と、その注意点をまとめたので、海外旅行の初心者はぜひ参考にして欲しい。

海外旅行で必ず抑えておきたいのが、現地でスマホを使うための基礎知識だ。
海外に到着し飛行機から降りてスマホを見ると、日本と同じようにアンテナが立っている。「なんだ、そのまま使えるじゃん♪」と、何も考えずにネットを使いまくっていると、帰国してから何十万円もの請求が来ることがあるのだ。
これは、「国際ローミング」に対応していない通信業者と接続してしまったため。現地で定額でネットを利用するには、各キャリアが定めている通信業者と接続する必要がある。それ以外の通信業者では従量制となり、使った分だけ通信量が加算されるため、膨大な金額になってしまうのだ。
海外の旅行先で、スマホから使いたい放題のネット接続をするには、3つの方法がある。「国際ローミング」「レンタルモバイルルーター」「現地のチャージ式SIMカード」。これらを正しく理解して、自分に合った方法を選ぶといいだろう。

■ 各キャリアの国際ローミングを利用する

N007

ドコモ・au・ソフトバンクでは、海外の特定のキャリアと接続すれば定額でネットを利用できる。日本を出る前に、国際ローミング対応が契約の中に含まれているのを確認するだけで、事前の準備は不要。ただし、現地で接続するキャリアを間違えて、国際ローミングに対応していない通信会社を利用した場合、後日、数十万円にも及ぶ通信量を請求される。接続先の設定は慎重に行うこと。

【メリット】
・事前の準備が不要
【デメリット】
・接続するキャリアを間違えると膨大な通信料金が発生する
・正規の接続でも通信料が高い(1日あたり最大2980円)

各キャリアの国際ローミング情報→ドコモauソフトバンク

日本の空港で、モバイルルーターの貸し出しサービスを使うのも1つ手。海外ローミングの半分~3分の1程度の価格でネットが自由に使える。設定が簡単なので(ルーターのWi-Fiを受信するだけ)、接続ミスの心配がなく安心して使える。1週間以内の海外旅行にはオススメ。ただし、モバイルルーターは常に持ち歩かないと意味がない。また、安い国でも1日600円程度はかかるため、長期の滞在には向かない。
【メリット】
・ネットワークの設定で失敗するリスクがない
・国際ローミングより通信料が安い(1日600~1500円程度)
・パソコンなどのIT機器をまとめてネットに接続できる
【デメリット】
・常にモバイルルーターを携帯する必要がある

SIMフリーのスマホの場合は、現地でチャージ式のSIMカードを購入して利用できる。この利点は通信料。物価にもよるが、アジアなら一日数十円でネットが使いたい放題になる。ただし、SIMカードは現地でしか買えないので、店員との交渉が必要。初期の通信量を使い切るとコンビ二などでチャージが必要だが、それも口頭で伝える必要がある。現地語が苦手だと苦労しそう。
【メリット】
・通信料金が極めて安く済む
【デメリット】
・購入やチャージには現地店員とのやりとりが必要
・SIMフリーの機種以外は利用できない(iPhoneは不可)

■ 海外でネットが使えるスポットを覚えておこう
海外では、フリーで無線LANが開放されているスポットがいくつかある。ネットが使いたい放題になるので、オンライン地図や行き先などの情報をチェックするための中継として、頭に入れておいて損はないぞ。

国にもよるが、マクドナルドでは無線LANを認証なしのフリーで公開していることがある。確認が取れている範囲では、ドイツ、オランダ、スイスのマクドナルドは無線LANを開放しており、ネットが使いたい放題。迷ったときはマックを探して、一服しながらネットを利用するといいだろう

世界各地にあるアップルストアでは、フリーで無線LANを開放している。店内に入らなくても、店の前にいればネットが使いたい放題になる。アップルストアがあるのは先進国に限られるが、だいたいどこの国でも中心街にあるので、アップルストアを目印にして、迷ったときは戻って調べ物をしながら街を散策するというのもひとつの手だ。 

2012年8月12日 (日)

沖縄へ行くならぜひ! のステーキ屋

沖縄といえばステーキ。米軍が駐留しているからでしょうか、沖縄のステーキはとてもクオリティーが高く、観光で沖縄を訪れたらぜひ良質なステーキを味わってみましょう。沖縄のステーキの名店をご紹介します。

■『サムズアンカーイン宜野湾(ぎのわん)店』

サムズは沖縄に複数店舗を展開しているステーキレストランチェーン店です。宜野湾(ぎのわん)店は中でも非常に人気のある店です。なにせサムズの1号店で、由緒正しいステーキハウスです。入り口の階段には、この店を訪れた人たちの名刺がびっしり張られています。2Fに上がると店は意外なほど奥に広く、帆船の客室をイメージしてそろえられた調度品ががっしりとして風格があります。

このお店では、いわゆる鉄板焼きのパフォーマンスを見ることができるのです。目の前で、華麗な包丁、コテの舞をシェフが披露してくれます。この「テッパンヤキ」スタイルはアメリカの『ベニハナ』チェーンなどが有名ですが、日本の普通のステーキハウスではまずお目にかかれません。沖縄観光のひとつとしてもおススメです。最上質サーロンステーキの「ステーキフルコースディナー」は3,129円。

ちょっとお高いですが、肉質もとてもよく納得の内容です。またカクテル類が充実しているのも特徴で、南国気分のカクテルで乾杯といきたいものです。

■ステーキハウス朝日レストラン

名護市にある名店です。こちらもシェフが目の前で調理してくれるスタイルのステーキハウスです。オーストラリア産の新鮮なテンダーロインはまさに絶品。その柔らかな肉質にこの店のとりこになった人も多いのです。ファンの多いことを証明するかのように店内には有名人のサイン色紙がところ狭しと張られています。鉄板焼きテンダーロインステーキは2,300円(小)、2,800円(大)。
一度試してみてください。忘れられない味になります。

■カヌチャベイリゾートの『ホープ』

『カヌチャベイリゾート』は格式の高いリゾートホテルです。施設の中にゴルフコースがあり、ホテル内の移動用にカートが準備されている(有料です)など、日本国内では珍しい大規模ホテルなのです。この施設内にある本格炭火焼ステーキハウス『ホープ』は素晴らしいステーキを供してくれます。最高級の牛肉を絶妙の焼き加減で、まさに肉汁したたる至高の味。

沖縄を訪問する米国政府高官もこのホテルに宿泊した際には、このステーキに舌鼓を打つと言います。サーロインステーキ(180g)が3,675円と、確かに高価ではありますがそれにふさわしい味です。

■『ジャッキーステーキ』

沖縄県民に愛されているステーキハウスといえば、このジャッキーステーキ。前述のサムズのようなエンターテインメント系でなく県民食な位置づけのお店です。創業からすでに50年余り(!)。ここは、いわゆるアメリカンなステーキを食べさせてくれる名店であります。つまり霜降り肉ではなく、赤味系の肉を大変、美味しく焼いて提供してくれます。

牛肉を「さっぱり」、「手軽に」、「安く」食べたい場合はおススメです。ニューヨークステーキが1,400円(S)、1,500円(L)。ハンバーガーステーキが800円(S)、1,000円(L)とお手ごろな価格設定になっています。

『サムズアンカーイン宜野湾(ぎのわん)店』
http://www.sams-okinawa.jp/ancaor_inn/index.html

ぐるなびの『ステーキハウス朝日レストラン』紹介ページ
http://r.gnavi.co.jp/f160200/

カヌチャベイリゾート内の『ホープ』
http://www.kanucha.jp/restaurant/hope.html

『ジャッキーステーキ』
http://www.steak.co.jp/intro.htm

2012年7月16日 (月)

「北海道VS沖縄」。今年の夏、行くならどっち!?

国内旅行の定番といえば、北の北海道か南の沖縄。

今年の夏休みに旅行しようと考えている人も多いでしょう。どちらに行こうか迷っているという人もいるかもしれません。そこで、今回は国内リゾート地の頂上決戦。北海道と沖縄、「夏の旅行先」として人気が高いのは一体どちらなのかアンケートを採ってみました。

もしも夏休みに旅行するなら、行きたいのは……

北海道……295人(59%)
沖縄……205人(41%)

沖縄、北海道、どちらも人気があるようで票が割れておりますが、北海道に軍配があがりました。ではなぜ北海道を選んだのか、支持者の意見を紹介します。

【理由】1位:北海道はとにかく涼しい!/沖縄は暑いから……212票

確かに。北海道を選んだ人の実に70%以上が「気温」を理由にしていることが分かりました。そういう意味では、僕の地元・長野県も夏は涼しくて、観光客でにぎわっています。あの涼しさは貴重なんですね。「沖縄は春や秋に行きたい」という人も多かったです。そのほかには、

■海の幸が食べたい(20代/女性)
■空気がおいしい(20代/女性)
■緑がきれい(20代/男性)

という意見もありました。では次に、沖縄を選んだ人の理由を紹介します。

【理由】1位:海に行きたい、泳ぎたい……172票

沖縄を選んだほとんどの人が「海」を理由に挙げました。沖縄ほど、海を連想する土地も少ないでしょう。いつまでも、みんながあこがれるきれいな海であってほしいものです。

また、意外に票数を伸ばしたのが「沖縄に行ったことがないから行ってみたい」(15票)。行ったことがないからこそ、イメージが膨らんでいるのでしょうか。そのほかには

■夏らしさを満喫できる(20代/男性)
■リゾート気分を味わえる(20代/女性)

という意見もありました。では最後に、北海道と沖縄のオススメ観光スポットを聞いてみましょう。

【北海道】
1位:旭山市旭山動物園……39票
2位:富良野のラベンダー畑……33票
3位:札幌……21票

【沖縄】
1位:沖縄美ら海水族館……70票
2位:石垣島や宮古島などの離島……43票
3位:きれいな海……36票

1位になったのは、今や日本を代表する動物園と水族館。どちらも、そこに行かなければ見られない"名物"を持っていることが共通点といえそうです。個人的に驚いたのは北海道の2位:「富良野のラベンダー畑」。札幌や函館など、数ある観光名所をおさえたほどですから、どうやら一度は見ておいた方が良さそうです。沖縄はとにかく海が人気。定番でありながら、それでもこれだけの人が薦めたくなる。それほどの魅力があるということでしょう。やっぱり沖縄の海は宝です。皆さん、さっそく夏の旅行先を考えてみましょうか。